ラヴォーグが採用する光脱毛の特徴

光脱毛

ラヴォーグは脱毛施術方法として、光脱毛を採用しています。


光脱毛は、現在主流の脱毛方法のなかでも最新の方法です。痛みが少なく、安い料金で施術できるという特徴があります。


光脱毛の脱毛原理は、レーザー脱毛と基本的に同じです。照射した光のを、ムダ毛の毛根部の毛母細胞・毛乳頭に伝えて、その熱でダメージを与えるものです。


光脱毛は「熱」で、毛根部の毛母細胞・毛乳頭の働きにダメージを与えることで脱毛効果を生じさせます。


熱すると言っても、照射した光の熱を直接、ムダ毛の毛根部に伝えているわけではありません。


光脱毛は、照射した光の熱を、まずムダ毛の黒色のメラニンに吸収させて、その熱を毛根部に伝えるという、いわば間接的に熱を伝える方法です。


光脱毛はムダ毛が生えていないと脱毛施術できません

光脱毛の特徴

光脱毛は、間接的に熱を伝える方法ですので、熱を伝えてくれるムダ毛が生えていないと、脱毛効果を発揮することができません。


つまり、ムダ毛がないと光脱毛の施術は行えないということです。(これはレーザー脱毛でも同じです)


このため、脱毛施術が完了するまでには一定の時間がかかります。


ムダ毛(人間の体毛)は、毛周期というサイクルで生え変わっています。人間の体毛(ムダ毛)は、動物のように夏毛とか冬毛とか、季節ごとに入れ替わるわけではなく、1本1本のムダ毛がそれぞれの毛周期に従って生え変わっています。


毛周期のなかで、ムダ毛が皮膚の表面に出ていて、ムダ毛として目に見えている状態が成長期という段階です。つまり、光脱毛は、成長期のムダ毛にしか効果が無いのです。


光脱毛は成長期のムダ毛(目に見える状況のムダ毛)にしか効果がありません。


実際には、ムダ毛が抜け落ちていく退行期や、次のムダ毛(体毛)の成長に備えて細胞が休んでいる休止期という、ムダ毛が皮膚の表面には見えていない時期も存在します。このため、脱毛したい部位にあるムダ毛が、すべて成長期にあるタイミングで光を照射できるように、何度も脱毛施術を繰り返していくのです。


光脱毛は肌の色が濃い部分にも反応します

光脱毛の特徴

光脱毛は、ムダ毛の黒色のメラニンに熱を伝えて脱毛する方法です。


このため、日焼けが酷い場合とか、色の濃いあざが広範囲にある部位などには、脱毛施術を行うのが難しくなる場合があります。


こういう場合、ムダ毛のメラニンに熱を伝えるだけでは無くて、肌の色が濃い部分にも熱を伝えてしまい、その部位が軽いやけどのような状態になってしまうことがあるためです。


脱毛施術を受けている間は、できるだけ日焼けをしないようにと注意されるのはこのためです。


光脱毛は、日焼けが酷い場合など、脱毛施術ができない場合があります。


ほくろ程度の色素沈着で脱毛施術ができないということはほとんどありませんが、自分の肌の状態が気になるひとは、無料カウンセリングの時に、しっかり相談しておくことをおすすめします。


ラヴォーグも最初は無料カウンセリングが入口になります。ムダ毛とか脱毛で気になっていることがあれば、無料カウンセリングの時に、何でも遠慮なく相談してみることをおすすめします。