FotoshopTofs / Pixabay
Pocket

 

通常「やぶ蚊」として知られている「ヒトスジシマカ」は、日本全域に分布していて、さらにジカ熱やデング熱を持っています。

そのため危険な害虫として知られています。

今は、全国的に見られる害虫であります。
このやぶ蚊は、デング熱やジカ熱といううつるとと死にいたる危険性があるほどの症状が出るほどとても危険な伝染病を持っているため、それがとてもやっかいなな虫なので、注意しておく必要があります。

今回は、この危険な伝染病を持つ、「やぶ蚊」の繁殖場所や生態や特徴、駆除対策方法などについて解説します。

やぶ蚊の生態と特徴とは?

やぶ蚊がもっとも多く分布しているところは、墓地、公園、藪や人の家などです。

しかし、山の奥の方や水分や人があまりいないところは活動的ではありません

やぶ蚊が活動的な時期は、5月から11月ごろの主に朝と夕方が多いです。

胸の位置の背面側にに白い線などがあります。

また、体長は4.5mmほどあって体が黒く白い線がある蚊はたいていヤブカといっていいでしょう。

生息地は今は日本全土に生息していて、デング熱やジカ熱などの伝染病を持っているため、注意すべきでしょう。

やぶ蚊の生活サイクルなどについて

やぶ蚊はたいていは昼に行動していますが、日光を避けれる日陰や湿度が高めの水の近くを好みます。

しかし、しかし、一番活動的なのは朝と夕方でしすので注意することがが必要です。

やぶ蚊の成虫として活動する時期4月~11月ごろです。

やぶ蚊は、この時期になるとに交尾や産卵のサイクルを1年の間に7~8世代も繰り返します

しかし、やぶ蚊の成虫の寿命は短く、1ヶ月ほどです。

また、交尾が終わると成虫は水面付近に80個もの卵を産むのです。

やぶ蚊の卵は乾燥などの環境変化にも耐えられる卵であり、水位が上がって水が卵に触れるとふ化します

ふ化した幼虫のぼうふらは、水中で微生物や植物を食べて数日すごして、その後3日ほどさなぎになったあと、羽化をすることによって成虫になります。

このようなサイクルを何回も繰り返していくのです。

また、冬には卵の状態を維持して冬を越します

そして、暖かい時期になるとふ化してボウフラになるというサイクルを繰り返します。

やぶ蚊の注意点や駆除・対処法について

やぶ蚊は伝染病を持っているため危険なので、どう対策すればいいのか気になるところでしょう。

やぶ蚊は、山や町や都市などいろんなところに住んでいるので、普通の蚊と同じく遭遇することはありえます。

水がないと繁殖できないので、近くに繁殖できそうな場所がないか確認するのも大切ですが、、繁殖速度はとても早いのもあり、やぶ蚊をすべて根絶するのは難しいことでしょう。

なので、やぶ蚊に刺されてしまわないための正しい手段を知っておけば対処・駆除することはできます。

また、外に出かける際はは虫除けスプレーを、家では蚊取り線香などを使用して対処・駆除といいでしょう。

みんなが使っているヤブカ(ヒトスジシマカ)駆除アイテム

おすすめの記事