出典:wikipedia
Pocket

出典:wikipedia

黄色いクモは見たことはありますか?

実は、黄色いクモは日本最大の毒を持つ超危険な毒グモなんです!

そんな危険な虫が日本にいるなんて信じられませんね!

今回、はじめてみたので、まったく知らなくて、この黄色いクモについて調べてみたのですが、すごい衝撃的な事実がわかりました。

  • このクモはどんな虫なのか?
  • このクモに刺されると超危険なわけとは?
  • このクモの対処・駆除方法とは?

あなたも気になると思います?^^

それでは解説しますね!

黄色いクモの正体とは?

黄色い見慣れないクモがうろうろしていると怖いですよね。

実はこのクモの正体はカバキコマチグモなんです。

普通のクモもと違ってなんか怖いです。

まるで、信号機の黄色信号を表してるかのようで、恐ろしいです・・・・。

そんな恐ろしい、カバキコマチグモなんですが、普通のクモのように巣は張らず、ススキなどの大き目のイネ科の植物に葉を巻くことによって巣を作ります。

一般的に見られるクモのように巣を作るのではなくて葉を巻くのですね!

衝撃的なのは、カバキコマチグモの子供は親を食べてしまうということです。

また、カバキコマチグモの毒性は日本一です。

なぜ、それほど危険なのか調べてみました!

なぜカバキコマチグモの毒は超危険なのか?

いろいろと調べてみましたが、カバキコマチグモの毒性が強い明確な理由はわかっていません。

日本では死亡例は見つかっていませんが、世界的に見てもトップ10に入るほどの猛毒を持つ超危険な生物です。

しかし、死亡例がないからといって油断しないでください、刺されただけでもとても重症になりますので、

まず、触らないことです。

日本でのクモによる事故のほとんどはこのカバキコマチグモの毒によっての症状だといいます。

毒の症状として、身体をマヒさせる神経毒と痛みなどを起こすものが含まれています。

そのために、噛まれることによって強い痛みが起こり、腫れてしまいます。

なので、触ることはやめましょう。

カバキコマチグモの対処・駆除方法とは?

カバキコマチグモの毒性が日本一ということはわかったと思います。

うかつに触れたりしなければ、噛まれる危険性はそうそうないですが、なにせクモなのですばしっこいです、そして、日本でクモによる事故はこのカバキコマチグモによるものということなので、一度でも見たことがある人は対策をしたほうがいいでしょう。

もちろん、仮に噛まれて毒を食らったとしても日本ではなくなった事例はありませんけども、要注意です。

対処方法としては、庭を雑草を抜くなどして庭をきれいにしておくと安全です。

駆除の方法としては、クモ駆除用スプレーを使うといいでしょう。

みんなが使っているカバキコマチグモ駆除アイテム
 

 

おすすめの記事