Free-Photos / Pixabay
Pocket

私は、とても視力が悪いです。

もともと、視力が悪い家系だったので、遺伝もありますが、家族の中で一番悪いので、パソコンのやりすぎ、近くの見すぎなどが原因だといえます。

近視には軸性近視と屈折性近視に分けられます。

一般的に近視とは軸性近視のことです。

では、近視は治るのでしょうか?調べてみました。

近視の種類。軸性近視と屈折性近視とは何か?

軸性近視とは?

一般的には治らない近視とも言われている近視のことで、普通、近視のことはこの軸性近視のことを指します。

軸性近視は、眼の軸の縦軸が長く伸びてしまった状態にあるのです。

また、眼の網膜がずれてしまっているために、遠くのものが写りづらくなってしまいぼやけて見えるようになり、結果的に禁止になるのです。

屈折性近視とは?

屈折性近視は、水晶体がふくらんだままになっているために、遠くのものが見えなくなってしまう状態です。

近くを見るときに凸レンズが大きくなるいことによって近くにピントを合わせることが可能になります。

しかし、近くばかりを見続けていると、水晶体が緊張したままになってしまい、遠くが見えづらくなるのです。

それでも、緊張が戻ることによって、視力も治るので屈折性近視は水晶体を回復させることによって近視を改善させることが可能です。

そのための目薬などもあります。

また、レーシックは瞳を削ることによって近視を改善させるものなので、軸性近視がよくなることはありません。

 

屈折性近視は治る可能性がある。

一般的に近視は治らないといわれていますが、昔、視力が悪かったのに良くなったという人もまれにいる話ですね。

では、その人はなぜ治ったかというと、屈折性近視という治せる近視だからなのですね。

そのような近視はレーシックでも治すことが可能です。

しかし、軸性近視は治らない近視といわれているとおりで、治すことことが不可能といわれています。

なので、レーシックを受けて治った人のほとんどは軸性近視ではないのですね!

軸性近視を治すには?

 

軸性近視は治らないといわれてますが、果たしてそうでしょうか?

TV・インターネットを見てみるとさまざまな、視力回復の情報や本などがあります。

その中でお勧めなのが、酢納豆です。

なんと、毎日朝と晩に酢納豆を1日にパック食べていたら0.01から1.5まで二ヶ月で治ったというから驚きですね!

酢納豆のレシピを紹介しますね。

・納豆1パック

・酢大さじ一杯

これらをかき混ぜて完成です。

ぜひ試してみてください。

ほかにもマジカル・アイや視力アップアイグラスなどはお勧めで、ほかにもさまざまな方法があるので、試してみるといいかもしれません。

みんなが使っている視力回復アイテム
 

 

 

 

おすすめの記事