Kjerstin_Michaela / Pixabay
Pocket

虫歯はないはずなのに、ときどき冷たいものや熱いものや刺激の強いものを食べると歯がしみる・・・そんなことはありませんでしょうか?

それは、知覚過敏です。

私も、知覚過敏でいつも悩まされていました。

なぜ、歯に知覚過敏が起こるのか?その原因と対策、どうしたら痛みを軽減できるのかについて解説していきます。

歯の知覚過敏の原因と対策。

では、知覚過敏はなぜ起こるのでしょうか?

まず、歯のもっとも表面にあるエナメル質は削ってもあまり痛むことはないです。

しかし、その内側にある象牙質というものの根っこの部分では、エナメル質がないためにすべての層が象牙質によってできているために、なにかで触れたり、熱いものや冷たいもの刺激の強いものなどを食べたときや、風を受けたときなどはその刺激が直接的に神経に伝わってくるために、歯の象牙質を経由してとても痛みを感じます。

普通は、この象牙質の部分は痛みは伝わってきません。それは、エナメル質の層によって守られているためですが、すごい刺激の強い冷たいものなどを食べると、エナメル質からでもその冷たさが象牙質に伝わってきて、痛みを感じる場合もあります。

また、エナメル質が減るなどして、象牙質が出てきてしまうと、刺激を直接受けやすくなるために、知覚過敏の症状が出てきます。

しかし、必ずしも知覚過敏が起こるのは象牙質が出ていることは原因というわけではないです。

年をとることによって象牙質の中にある、神経に刺激を伝える部分との隙間がふさがってくるために知覚過敏は起こらない場合もあるわけです。

歯の知覚過敏の痛みをどのようにしたら軽減できるのか?

知覚過敏は一時的の痛みですが、やはり、痛みの時間が長い場合やどうしても耐えられない痛みの場合は、歯の神経に炎症などが起きている可能性もあります。

そのために、もっとも簡単な神経を取り除くという方法が一番簡単で痛みを消してくれますが、やはり歯の神経は大切です。

しかし、最近の歯医者さんは抜いてくれないところも多いでしょう。

さらに、抜くと健康な歯の神経を一本失うことになりますから、身体にとっては大損失です。

もちろん、痛みをなくすにはいいには越したことはないのですけどね。

日常生活で耐えられないほどの痛みであれば抜くのもアリかもしれませんが、最近は知覚過敏に効く歯磨き粉も売っています。

私も、知覚過敏がひどくて、いろんなところに知覚過敏ができてしまい、歯医者さんにすすめられました。

そして、歯磨き粉を変えてしばらく続けた結果、見事に知覚過敏が治って来ました。

>>>知覚過敏に効く歯磨き粉はこんなやつです。

 

 

 

 

おすすめの記事