Pocket

 

おじいちゃんとおばあちゃんと暮らしている人、

または、離れて暮らしている人もいるでしょう。

どちらにしても、自分の祖父母というのは、長く生きているのがとてもおめでたいですし、そのことを祝いたいところですね。

 

長年にわかって社会に貢献してきた、高齢者の方に感謝する、長寿を祝うのが、敬老の日です。

敬老の日とは?

敬老の日(けいろうのひ)は、日本の国民の祝日の一つである。日付は9月の第3月曜日。

敬老の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としている。

同様の趣旨の記念日として、老人福祉法によって定められた、老人の日(9月15日)、老人週間(9月15日より1週間)がある。

wikipediaより引用

敬老の日は1947年に兵庫県のとある人物が「としよりの日」として提唱したのが始まりと言います。

そして、その名称が1964年に「老人の日」と改称されて、さらに1966年に国民の祝日として「敬老の日」として制定されました。

 

祖父母の長生きを祝う敬老の日とはどんなもの?

敬老の日とは基本的に、

おじいちゃん・おばあちゃんに感謝の気持ち、長寿を祝うための日です。なので今まで長い間社会に貢献してきて、そして、自分たちの祖父母として尊敬する一番みじかな存在が、

おじいちゃん・おばあちゃんで、

その感謝の気持ちを示す絶好の機会が「敬老の日」というわけです。

 

敬老の日に祖父母を祝うのにオススメなのは?

 

オススメなお祝い方法としては、基本的に長寿の祝い品として、何か贈り物をしたり、感謝の気持ちとして、メッセージを送るといいでしょう。または、子供であればマッサージチケットをプレゼントするのもアリかもしれません。

祖父母と一緒にお祝いパーティをしに行ったりなどいろんなことが考えられますね。

または、祖父母などを連れて旅行に行くなど、

いろんなことがイメージできますね!

子供から祖父母へのプレゼントの場合、

おじいちゃん・おばあちゃんに何か手作りの創作の品をプレゼントしてあげるのもいいでしょう。

そして、祖父母とあやとりなどしたり一緒に楽しみもいいですね。

特に最近は、核家族化が進んでいるためか、祖父母とは離れて暮らしている方が多いでしょう。

 

そのため、めったに会うことのない、おじいちゃん・おばあちゃんに感謝の気持ちを示す絶好の機会がこの「敬老の日」と言えるでしょう。


 

 

 

おすすめの記事