Pocket

みなさんはエイといえばどのようなイメージを抱くでしょうか?

エイは実は毒針を持っていてとても危険な魚なのです。

9月ごろが旬の魚といわれているアカエイですが、

毒をもっているのと全長2メートルほどあるということで、

とても危険ですが、

食用としてもとてもおいしい魚なのです。

アカエイとはいいますが、エイと呼ばれています。

そのアカエイはお台場など日本のさまざまな場所で見ることができます。

 

アカエイの危険性と対処法

エイの毒は日本ではとても有名で、たんぱく質毒とよばれています。

海で潮干狩りなど砂浜にいるときに偶然に遭遇してしまうこともあるでしょう。

エイの毒のとげは細胞を壊すことによって炎症を引き起こすのです。

なので、刺されると後からものすごい痛みに襲われることになるでしょう。

そのため、エイにさされないようにアカエイがいそうな海辺では注意が必要です。

アカエイは食用可能か?

アカエイは食べることが可能です。

基本的に毒を処理すれば問題なく刺身としてもいただくことができます。

しかし、体調2メートルほどなので、食べるとなると大変でしょう。

 

 

 

おすすめの記事