スズメバチには要注意!家庭でできる対処法と刺されないための対策。

Pocket

9月から10月にかけてはスズメバチが一番活発に活動する時期です。

スズメバチはその毒性の強さと、針が何度も出てくるため、一度刺されても二度目以降も刺される可能性があるということです。

そのために、かなり警戒しておくことが必要です。

もし、スズメバチの巣が身近にあったとしたら要注意です!

私は、以前、スズメバチに襲われそうになった経験がありましたが、以下のことを知っていたおかげでうまく対処出来ました。

 

スズメバチの巣を見つけた場合の対処法

 

スズメバチの巣を見つけた場合、とても危険ですので近づかないようにしましょう。

では、いくつかの対処法を紹介します。

1、市役所に頼んで駆除してもらう

これは、一番簡単で早く駆除してもらえる方法です。

蜂によっては対応してもらえない場合はあるのですが、

スズメバチなど非常に危険な蜂の場合は駆除してもらえる場合があります。

さらにスズメバチの場合は無料で行ってくれることも多いためお金もかからずに、楽にできます。

巣が大きくなる前に早く駆除したいと思っているのであれば直ちに市役所に頼むといいでしょう。

しかし、これにもデメリットがあり、女王蜂や多くの蜂を逃がしてしまう可能性もあるために、

また、同じ場所に巣を作られる可能性もあるというデメリットもあります。

また、役所は窓口が開いているとは限らないために、

もし、すばやく完全に駆除したいのであれば、専門業者に頼むといいでしょう。

2、専門業者に頼む

これはとても無難な方法ですが高くつくので、

費用面も検討して考えたほうがいいでしょう。

しかし、すばやく駆除したいのであればこちらがいいです。

3.自分で駆除する

これは、危険を伴いますが、

まだ、巣が小さく未熟な場合はスプレーなどで駆除できる場合もあります。

すの大きさが15センチ未満だった場合は自力で駆除することができます。

私の場合は、巣を発見するのが早かったために、

自力で駆除することが可能でした。

自力で駆除する場合は、スズメバチ専用の殺虫スプレーを使いましょう。

 

スズメバチと遭遇した際の注意点と刺されないための対策。

 

スズメバチは、刺されてからではもう遅いので、刺されないための方法を考えるのが無難でしょう。

重要なのは巣を発見したら、近くに寄らないことです。

特に巣が大きくなっている場合は危険ですので注意が必要です。

スズメバチには虫除けスプレーは効果がありません。また、

色の濃い服やにおいがする香水などをつけたりしているのも危険ですので注意しましょう。

 

スズメバチ専用のスプレーを使えば効果が抜群との話もあるので、

もし、自力で駆除したいというのであれば使ってみるのもいいかもしれないですね!

蜂の巣にはなるべく近づかないで、巣も大きくなっていなければ駆除は可能です。

自力で駆除できるかどうかの判断基準としては、

蜂の巣のサイズが15センチ未満なのかということです。

それ以上大きければとても自力では駆除できないほど危険なので市役所か業者に頼みましょう。

スズメバチを自力で駆除するならこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ