自宅で秋マムシに遭遇した時に注意すべきこと。それと対処法。

Pocket

9月〜10月にかけて、になるにつれてマムシは活発化する時期です。

 

通称「秋マムシ」とよばれています。

夏から秋にかけて、特に秋には活発に活動するために、この呼ばれ方をするのです。

マムシは、強い毒を持つ蛇なので、もちろん噛まれたら危険ですし、治療をしなければ死ぬこともある猛毒です。

なので、注意が必要です。

私は、家の庭で2回ほどマムシと遭遇しました。

しかし、どのように対処していいか戸惑いました。

それでも、マムシに出くわしてもなんとか対処できました。

そこで私が、マムシと遭遇した時に心がけた注意点と対処法について書いていきたいと思います。

これは、私の独自の経験と見解をもとに書いています。

参考になればと思います。

蛇は危険ですのでご注意ください。

マムシに噛まれた時の対処法

マムシの毒は猛毒です、

もしあなたがマムシに噛まれた場合、

猛毒があなたの身体を襲うことになるでしょう。

しかし、マムシのどうやって回避するかです。

それは、後で述べますが、

重要なのは、噛まれた時に、どう対処するかです。

マムシの体長は50cmほどと結構大きいです、

実際にみるとびっくりするかもしれない大きさです。

毒の量は少ないですが、毒性がハブより強いために、

気をつけたほうがいいです。

マムシに噛まれると、

吐気、頭痛、発熱、めまい、意識混濁、視力低下、痺れ、血圧低下、急性腎不全などの症状が起こるそうです。

三日で症状は回復しますが、完治するまで、1ヶ月はかかります。

 

マムシに噛まれた時は、傷口の心臓側を布などで軽く縛って安静にしていることが重要です。

こうすることによって毒が全身に回るのを遅らせることができます。

走ったりすると毒が全身に回りやすいので避けましょう。

次に重要なこととして、傷口から毒を絞り出すように体の外に出します。水が近くにあれば絞り出しながら血を出して洗いましょう。口で毒を吸い出す方法もありますが、口付近に傷があるときにはやめましょう。

基本的にはこのような応急処置ですが、

すぐに救急車を呼ぶなど早急な措置が大切です。

 

 

マムシと遭遇した時に注意するべきこと。と対処法

とにかく、露出のない服装を着ることです。

どこか噛まれても危険なので、必ず露出のない服を着用しましょう。

マムシの毒は猛毒ですので、一度噛まれたらとても危険です。

草履や素足も危険ですので、足元まで注意しましょう。

私がマムシを見た時は、木の上に登っていたのですが、

基本的には地面にいるので気をつけてください。

私がマムシを追い払った方法としては、

自分の服にタバコのニコチンの含まれた水を掛けました。

また、そのニコチンの含まれた茶色い水を撒くだけでも、

マムシは寄って来ません。

その方法が効果的でした。

もし、可能であれば、それがいいですが、

それでも不安な方もいるでしょう。

その場合は蛇対策用のスプレーを使うといいでしょう。

私も二度目に遭遇した時は、

スプレーを使ったのですが、

とても効果的でした。

もし、あなたが、マムシにお困りでしたら、

スプレーを使ってみるといいかもしれません。

蛇対策スプレーでマムシを駆除する

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ