PublicDomainPictures / Pixabay
Pocket

カラオケで上手く歌えても採点で90点をなかなか超えないという方もいるのではないでしょうか?

そのような場合、何が原因かと言えば、多くの場合は抑揚の付け方にあります。

特にカラオケではそれをマイクテクニックや歌い方でカバーすることが可能です。

抑揚の付け方以外にもカラオケの点数の上げ方を紹介していきます。

 

カラオケで高得点を出すのに抑揚をつけるには何をすればいいのか?

カラオケで高得点を出すために抑揚を上手につける方法として重要なのは、Aメロ、Bメロなどではややマイクを離して歌い、

サビになるにつれてマイクを近づけるという方法です。

これはマイクテクニックになります。

しかし、この方法はマイクの使い方なので別の手段も紹介します。

それは、Aメロ、Bメロなどは5メートル、などなるべく近くを想定しているボリュームの声で歌います。

そして、サビになるにつれて10メートルなど離れた距離に届くくらい大きな声にしていくという方法です。

この方法も効果的でしょう。

いろんな方法があるので是非試してくださいね。

 

カラオケで点数を上げるためのマイクの位置

カラオケで高得点を出すにはマイクの位置も重要です。

それによって声がマイクに伝わりやすさも変わってくるので、

点数も変わってきます。

マイクの一番ベストな位置は、上唇と鼻の間がいいです。

すると、高音もしっかり響く声になります。

また、マイクの角度も斜めにせずにまっすぐ持つことが大切になってきます。

このような点を注意することで、点数はあげることは可能です。

また、カラオケで点数を上げるもう一つのコツは、当たり前と思われるかもしれませんが、自分に合った音程でリズムが取りやすいゆっくり目の選曲にするといいでしょう。

それだけでも、だいぶ歌いやすさが違います。

難しい曲に挑戦したい気持ちもわかりますが、その場合は、テンポを遅くしたり、キーを上げ下げしたりして、工夫を凝らすことでだいぶ歌いやすくなってきます。

また、原曲を聴きこむことも大切です。

なので、その辺りも意識しましょう。

カラオケは練習すれば上手くなるのか?

結論から言えばカラオケは練習すれば上手くなります。

なんども行けば、曲を覚えて歌いやすくなっていきますし、

喉が鍛えられると思います。

もし、そのような感じがなければ、家でも発声練習をするといいでしょう。

家で大きな声を出すのが気が引けるという場合は、カラオケルームを借りて練習するのもいいです。

また、自分の声を録音して練習することによって、より、自分の歌声が知れるので、是非一度歌を録音してみて確認して見ましょう。

それを繰り返すことに日々上達可能になってきます。

ボイトレをしてカラオケを上手に歌えるようになる♪

 

 

 

おすすめの記事