auntmasako / Pixabay
Pocket

秋に食べる料理といえば何を思い浮かぶでしょうか?

秋の味覚の一つとしてさつまいもが有名ですね!

私は、秋には、さつまいもを掘って土から掘って、新鮮なさつまいもを温めて、出来立てホヤホヤのさつまいもを食べるのが好きです。

しかし、さつまいもを温めるとき、石焼き芋のような出来栄えのサツマイモを食べたいとは思いませんか?

そのことについて書いていきたいと思います。

 

サツマイモを簡単に石焼き芋のような出来立てホヤホヤにできる

電子レンジでサツマイモを美味しく作る方法があります。

まずは、さつまいもをキレイに洗いましょう。

その時の水気は拭き取らないでそのままで大丈夫です。

次はキッチンペーパーに包みます。

そして更に水で濡らしましょう。

次はラップで包みましょう。

そのあとはレンジでチンしましょう。
200gのさつまいもなら、500wなら6分程。
1000wなら3分程で十分です。

そして、試しにホクホクのサツマイモに竹串がスッと刺されば完成です。

 

また、専用のプラスチックのタッパーを使って電子レンジでチンすれば、あなたが求めていた、ホクホクで美味しいまるで石焼き芋のような味わいのサツマイモが数分で完成します。

すぐに温められるので、とても便利です。

もし、あなたが急いでいるときは、プラスチックのタッパーを利用するといいかもしれません。

しかし、もっと美味しく食べたいということもあるでしょう!

その場合は、炊飯器を使います。

炊飯器を使ったサツマイモを温めて美味しく作る方法。

まずは、事前にサツマイモをしっかりと洗っておきます。

そのあと、サツマイモを炊飯器の中に入れて、水をサツマイモの半分程度の高さまで注ぎましょう。

そのあとは、炊飯ボタンを押すだけですぐに作ることができます。

ここでポイントなのが、玄米モードを使った方が、より、石焼き芋のような美味しい味わいのサツマイモになるということです。

少し、時間が経つと石焼き芋でも作っているような香りがしてきます。

たった、数十分で完成するので、電子レンジとほとんど変わりません。

さらに、アルミホイルを巻いて焼いてみると焼き芋の感じがしてホクホクして美味しくなるかもしれないので、試して見てください。

電子レンジで簡単に石焼き芋のようなサツマイモができる不思議な鍋とは?

サツマイモを専用容器に入れて電子レンジに入れるだけで、まるで本物の石焼き芋のような本格的な味わいを実現することができる容器があります。

容器に入れてチンするだけなので簡単です。

タッパーよりも本格的な味わいのサツマイモが作れるでしょう。

本格的な石焼き芋鍋で温めるのもありですが、手軽に電子レンジで温めることが私は便利だと思いました。

電子レンジで本格的なサツマイモを作ってみる!

 

 

おすすめの記事