DeltaWorks / Pixabay
Pocket

 

歩行者でも特になのも気にせず信号無視をしている方は結構いるのではないでしょうか?

特にあまり車の通らない信号の場合は、無視してる人、自然と横切っている人が多いでしょう。

歩行者が信号無視すると警察に捕まる可能性はあるのでしょうか?

しかし、みんなが皆やっていることなので、暗黙の了解で大丈夫なのではと思ってしまいがちですが、どうなのでしょうか?

今回はそのことについて書いて行きたいと思います。

 

歩行者の信号無視で逮捕されうことはあるのか?

結論から言えば、歩行者の信号無視は逮捕されません。

しかし、罰金を科せられる可能性があるので注意が必要です。

また、歩行者信号がないところでは、自動車の信号が赤であったとしても、渡っても問題ありません。

当たり前のように行われていると思われる信号無視ですが、

実際のところ逮捕どころか注意もされないことが多いようです。

 

 

どれぐらいの罰金を取られるのか?

自動車より歩行者優先と思う方も多いかもしれませんが、

日本の法律は厳しいです。

歩行者でも当たり前ですが、信号無視すれ罰金を取られることになります。

その辺りは気をつけたほうがいいです。

罰金は2万円以下の罰金です。

なので、歩行者だからと言って無視せずに、ルールは守り信号を渡ったほうが無難です。

交通事故にも合いかねませんし、大ごとになったら大変です。

もちろん、捕まるわけがないと思っている方が大半かもしれませんが、信号を渡るのが正しいので、いくら車が通っていないからと言って、無視はやめましょう。

もちろん、信号がない横断歩道などは例外です。

それらは通っても罰則を与えられることはありません。

 

歩行者が信号無視を避けたいパターン

まず、斜めに渡るのは良くないです。

たとえ信号がないからと言ってもです。

また、信号機がないところを横断するのはとても危険な行為なので避けましょう。

信号がない横断歩道を渡る場合、車もゆずってくれる場合もありますが、不意に飛び出しては交通事故になりかねませんので、注意してください。

一番安全なのは、歩行者は横断歩道をルールを守って渡ることです。

歩行者専用の信号機がない場合は、車の信号機に従いましょう。

横断歩道だけしかない場合は、周囲を見て安全だと思ったら渡ることが大切です。

なので、以上の点を踏まえて行動することで、罰金であったり、交通事故などを避けることができるので参考にしてください。

交通事故の詳しいことは本などで知識をつけるといいでしょう。

交通違反を防ぐための知識を身につける!

 

 

 

 

おすすめの記事