brandnew550412 / Pixabay
Pocket

京都には紅葉のきれいで自然と建物の調和されたスポットがたくさんあります。

今回はその中でも穴場スポットといえる「神護寺」について紹介していきたいと思います。

神護寺は清滝川にかかる高雄橋を渡って、400ほどの石段を登る先にあります。

その石段を一歩づつ歩いていきながら、周囲を見渡してみると、少しづつ、黄色や赤みがかった色の木が周囲を見渡すことができ。

まるで、紅葉を味わっているような感じの景色が徐々に見えてきます。

さすがに、400段もあると結構つらいですが、最後まで上るとすごい達成感がある景色が見渡せるでしょう。

そして、神護寺まで歩いているあたりにある硯石亭というお店で癒されることも可能です。

お店の雰囲気は、とても京都の紅葉と調和している、赤い傘と椅子が並べられています。

紅葉が観れるのはおよそ11月ごろからです。

そのあたりの時期に訪れると、とても絶景の建物と自然が調和した京都の紅葉が見られるでしょう。

神護寺はその中でもとても穴場のスポットで行く価値がとてもあります。

 

紅葉の中でお茶を味わえるおすすめな「硯石亭」

 

硯石亭は神護寺まででもう一息というところでゆっくり休憩できるお店です。

石段を登って疲れた方にはとってもうれしいお店ですね。

きれいな紅葉の下でお茶をすることができるのでとてもいいです。

カメラにとってもとてもきれいなのでおすすめですから、

ここはぜひ立ち寄ってみたいところだと思います。

また、お寺をバックに紅葉の写真を撮ることでとてもきれいな写真が撮れるので、綺麗に撮れるカメラを準備しておきたいところですね!

また、硯石亭のメニューはこのようになっています。

湯豆腐セット ※秋期限定
(湯豆腐、炊き合せ一品、山菜御飯、もみじ天ぷら、香物)1,900円
田舎鍋(鍋焼きうどん)1,200円
とろろそば・うどん 850円
にしんそば・うどん 950円
ゆばそば・うどん 850円
もみじそば(山菜そば)・うどん 850円
きのこそば・うどん 800円
天ぷらそば・うどん 900円
きつねそば・うどん 650円 他

もみじ餅 650円
抹茶(菓子付) 650円
ぜんざい 600円
ところてん 470円
甘酒 420円
ひやしあめ 420円
コーヒー 420円
抹茶カプチーノ 420円

いろいろなものがありますので、立ち寄ってみるといいかもしれません。

神護寺に着いたらぜひやっておきたいおすすめなこと

それは、素焼きのお皿を投げるというものです。

かわらけ投げと呼ばれていて、神護寺の地蔵院でやることができます。

地蔵院前から下の清滝川に投げることで厄除けをするのです。

ここまでいくには、楼門まで長い石段を上って、さらに少し距離があるので、疲れるため、

スニーカーなど運動靴を履いていくことをお勧めします。

かわらけは売店で販売されていて、2枚で100円という価格で購入可能です。

 

 

 

 

 

おすすめの記事