Silberfuchs / Pixabay
Pocket

ダイヤモンドのフライパンは耐久性が強く焦げにくいといわれていますが、まずは、ほかのフライパンとの耐久性などの違いから見ていきましょう!

通常、フライパンを使っていて、気になるのが、料理をしているときにコゲができてしまい、フライパンにもコゲが残ってしますことです。

そのため、フライパンのコゲを落とすために、一生懸命にタワシなどでコゲを落とすと思うのですが、それがとても大変ですし、

フライパンを傷つけてしまい、あまり良いこととはいえません。

なので、2つの主なポイントがあります。

それは、

1.フライパンがはじめから焦げないためにいろいろと工夫することが大切です。

2.フライパンのコゲの処理方法も大切ですし、それも結構手間がかかることです。

この2つの手間がかかることでしょう。

しかし、今は、焦げないフライパンがたくさん商品化されていることをご存知でしょうか?

今回はそれがほんとうに焦げないのか理由を書いていこうと思います。

 

テフロン加工のフライパンは本当に焦げないのか?その寿命とは?

テフロン加工のフライパンは、比較的ひっつきにくく、焦げにくいので、とても扱いやすいです。

しかし、100%焦げないとはいえないのです。

それはなぜかというと、使っているうちにテフロンがはがれてくる可能性があるからです。

また、たわしなどでごしごし洗ってしまうと、テフロンがはがれ落ちてしまうために、あまりいいとはいえません。

なので、テフロン加工は何度も使っているうちに焦げやすくなっていきます。

そのため、寿命がきてしまうためにしばらくすると使えなくなってしまうので、新しく買い換えることが必要になってきます。

高温で調理する場合はあまり向いてないですし、空だきもあまり良いとはいえません。

なので、弱火で調理するものに向いているフライパンといえます。

フライパンとしてはかなり安いほうなので、だめになったら買い換えてもいいという日と向けのものです。

 

チタン加工のフライパンは焦げないのか?

 

チタン加工のフライパンはとても丈夫なために長持ちします。

そして、たわしで洗ってもコーティングはそう簡単には落ちません。

さらに、コーティングが取れてきても補修できるためかなり長持ちできます。

 

ダイヤモンド加工のフライパンは焦げないのか?

ダイヤモンド加工のフライパンはとても硬く傷つきにくいです。

もっとも硬い物質といわれるダイヤを使っているほどなので、耐久性は問題ないです。

そして、傷にとても強くテフロンよりも長持ちさせることが可能ですし、たわしで洗っても大丈夫なので長く使うことが可能です。

ダイヤモンド加工なので、汚れもとても落ちやすいです。

 

みんなが使っているフライパンの一覧

 

 

 

おすすめの記事