tnamd / Pixabay
Pocket

 

たぬきは日本全国に生息していて、夜に行動する生き物として知られています。

その愛くるしい姿から、とても人気な動物の一つですね!

しかし、そのかわいい姿とは反面、最近の環境の変化の影響からなのか、住宅に侵入したり、農作物を荒らしたりと、人間に迷惑をかける害獣としても知られるようになりました。

たぬきは主に秋に頻繁に見られる動物です。

たぬきは肉食でも草食でもなく、雑食性の生き物ですが、とても臆病など動物なので、人の近くに寄ってくることはまずありえないので、人間を襲うことは考えられません。

最近では、狸は畑や家庭菜園などでも迷惑をかける害獣としても知られています。

また、タヌキとアライグマを見間違える場合もやっかいですので、その生態などを知っておきましょう。

たぬきの生態とは?どのような性格や特徴を持っているのか?

たぬきは基本的には、雑食性の動物なので何でも食べます。

小さな動物であったり、木の実だったりどんぐりや、栗などであったり、植物も食べますが、昆虫などを食べることもありますし、住んでいるところによっては、ねずみやトカゲ、蛇、鳥などもたべますし、里近くに住んでいるたぬきは人の残飯も食べるなど何でも食べる雑食性の生き物です。

たぬきの性格は臆病といわれています。

また、ずる賢いこともありますが、「たぬき寝入り」という言葉で有名なように、基本的に人を襲ってくるような性格ではありません。

むしろ、人が来たら逃げ去ってしまいます。

なので、畑や家庭菜園などで狸を見かけたら、よりよい対処や駆除の方法しっかり知っておく必要がありますね。

 

たぬきの活動時間と生活や身体特徴とは?

たぬきは夜行性の動物なので、基本的に夜に活動します。

なので、人が活動している時間帯にはあまり見かけませんが、昼間でもまれに見かけることがあります。

たぬきの体長は、体長は50~60cmと中型犬と同じぐらいの大きさがあります。

そのため、少し怖く感じる人もいるかもしれませんが、雑食性の犬と考えれば怖くないでしょう。

たぬきは、家庭菜園や畑などをしているときに突然にあらわれることはないと思いますが、こっそりと、人間の食べ物目当てに忍び込むことならずる賢い狸ならありえます。

 

 

たぬきを見かけたときの対処法と駆除の仕方!

たぬきは、人が住むところで見かけることはあります。

おなかが減って弱っているところを見かけた場合は、触れないでください。

触ると抵抗してくる可能性があります。

するどいキバとツメを持っているために、保護しようとしても、それで抵抗してきます。

なので、危険ですので保護するのはやめましょう。

野生動物を捕獲したり、保護することは、法律で禁止されているためです。

もし、たぬきを発見した場合は、適切な対象方法が必要です。

罠などで捕獲してしまうと、法律上よくないので、できればその方法は避けたいところです。

できれば、たぬきに被害がなく人間にも被害がなく、法律上問題がない超音波などを活用するとよいでしょう。

家庭菜園や畑などでたぬきが現れるときに対処、駆除方法としてこれらのアイテムはとても有効です。

たぬきは音に反応して「さっさ」と逃げていくでしょう。

みんなが使っているたぬき駆除アイテム

 

 

 

おすすめの記事