Alexas_Fotos / Pixabay
Pocket

アライグマは日本のほとんどの地域にに生息していて、夜行性の生き物です。

とてもかわいい姿をしていることから、子供たちにも人気の動物としてとても有名ですね!

しかし、そのかわいらし姿とは違って、外来種として知られており、農作物を被害や人間にとって悪影響を与えるような害獣として最近では知られています。

アライグマの被害は主に秋になるにつれて増えていくともいわれています。

アライグマは雑食性の動物ですが、とても臆病ですが、人間を襲ってくることはあまり考えられないと思いがちですが、繁殖力がとても強く、人間を死に至らしめる害を持つ狂犬病をも持っています。

また、アライグマは畑や家庭菜園などでも人間にとって迷惑をかけてしまう害獣なのです。

アライグマとたぬきは似ていますが、見間違えると痛い目を見ることになるので、生態などを知ることが大切です。

アライグマの生態とは?その性格や特徴について!

アライグマは雑食性でとにかく何でも食べる動物です。

自分より小さな動物は食べますし、植物もそうですし、カエルでもトカゲや魚、鳥など何でも食べます。昆虫などを食べる場合ありますし、住んでいる場所によって食べるものは違ってきますが、蛇やねずみなども食べます。

人の食べ物や残り物を食べることもあるため、マヨネーズやスナック菓子などでおびき寄せるときに使うこともあるそうです。

また、アライグマは臆病なため、こちらから攻撃をしたり、捕まえようとしたりなど、強い刺激を与えたり、子育ての時期以外は襲ってくることはないでしょう。

むしろ、人が来たら逃げ去ってしまいます。

しかし、周囲に天敵がいないため、生態系に悪影響をあたえる害獣なのです。

なので、畑や家庭菜園などでアライグマを見かけた際は、しっかりとしてた対処や駆除の仕方を知っておくことが大切です。

 

アライグマの人への危険性と対処・駆除の仕方

アライグマの危険性のひとつとして、アライグマが媒体している狂犬病が致死率がほぼ100%ということがあげられます。

その狂犬病は世界的に広まっていて、中国では2000人ほどの人が亡くなっているのです。

また、回虫による脳神経障害やマダニによる感染症などの危険もあります。

このように人に害を与える可能性が大きくあるため、アライグマは害獣としても有名です。

また、畑や家庭菜園などを荒らす可能性もあるのでそのようなことでも人に迷惑をかける生き物でもあります。

アライグマを駆除したくても実は、法律上免許が必要になってくるのです。

では、どのように対処・駆除すればよいでしょう。

それは、超音波を使ったアイテムを使うことでアライグマはさっさと逃げていきますし、進入を妨げる事ができます。

なので、そのような機材を導入するいいでしょう。

 

みんなが使っているアライグマ駆除アイテム

 

 

 

おすすめの記事