夏のバーベキューで子供の切り傷・火傷の対策【大阪府・30代男性】【会社員】

Pocket

 

いよいよバーベキューのシーズンになって着ましたね!

夏になってくると、キャンプなどでバーベキューをする方も多いかと思います。

しかし、そこで悩みどころなのが、バーベキューで子供が怪我をしてしまったり、手足を火傷をする心配があるということです。

ナイフや包丁を使うために、切り傷になりかねませんし、

コンロのステンレスの先の部分を引っ掛けて引っ掻き傷になることもありえます。そういう心配をしていてもキリがないのですが、

実際によく起こることなのですね!

 

バーベキューでの切り傷の対処法

切り傷の対処法

バーベキューで調理をしていると、ナイフ・包丁などを使うので、

切り傷など起こりうる可能性があります。

また、ステンレス製のコンロで引っ掻き傷をしてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

キャンプで着ている際は、テントなどで挟んでしまったりもしまうこともありえます。
なので、そうならないように、軍手などを着けて予防しましょう。

革手袋なんかもいいですし、選んでみるといいかもしれません。

火傷の対策

これも良くあると思うのですが、気が抜けないのが、

コンロの炭を準備して火をつける時ですね、

この際、ガスを使っていたほうが安全かもしれませんが、

必ずしもそうとは言えません。

なぜならグリルや鉄板を触ってしまうこともありますし、

油が飛んで火傷してしまうこともあります。

なので気が抜けないわけです。

炭やガス、どちらがいいかとすれば、ガスの方が、火力の調整がしやすいので、火傷しづらいでしょう。

ここで、感のいいあなたなら気付いたかもしれませんが、

油をなるべく使わなければいいのではないか?

オリーブオイルなどを使えばいいのではないか?

と考えるかもしれません。

しかし、甘いです!

もっと、対策が必要になってきます。

なぜなら、肉にも脂肪という油が含まれているからです。

そのような場合、ノンオイルフライヤーなどを使うと、

油を使わず、火傷を防ぐことができますのでオススメです。

しかし、キャンプだから、炭やガスで楽しみたいでしょう?

その場合は、長袖の服を着て、耐熱グローブをつけるといいかもしれません。

炭をつぎ足したたりするときは長めのトングを使うのもいいでしょう。そして、風向きも考えましょう。

 

子供が火傷しないために大切なポイント

 

子供がバーベキューのコンロを倒してしまわないように、目を離さないことが大切です。

もし、そこで怪我してしまったら、大変ですからね。

重要なポイントは以上です。

 

AMAZON

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ