skeeze / Pixabay
Pocket

イタチは日本沖縄以外の地域にに生息していて、主に夜に活動をしている夜行性の動物です。

見た目が胴長でかわいい姿をしていることとは反面、凶暴な性格なのです。

また、イタチ属にはペットとしてとても人気のフェレットなどが良く知られています。

基本的にイタチとは「ニホンイタチ」を差す言葉となっています。

イタチは小さく小柄な体型で、とても凶暴ですが、ペットとして品種改良されたフェレットは普通のイタチと違い人間に懐きますが、野生のイタチはとても凶暴で畑や農作物に被害を与えたり、人間にとっても悪い影響を与える害獣なのです。

イタチの被害は主に秋になるにつれて増えていくともいわれています。

イタチは肉食性の強い雑食性の動物ですが、とても凶暴です。

繁殖力がとても強く、警戒心がとても強く、人間にとっては危険な動物といえます、

また、イタチは畑や家庭菜園などを荒らしてしまい人間にとってとても大切なものに被害を与えてしまう害獣なのです。

イタチをフェレットと同じと考えるのは誤った認識です、フェレットは家畜用に品種改良されたペットなので、イタチとは違うため、その違いを理解することが大切であり、そのため、野生のイタチが害獣であり、被害は計り知れません。

 

イタチの生態とは?その性格や特徴について!

イタチは肉食性の強い雑食性で何でも食べる生き物になります。

植物であったり、蛇や鳥、トカゲや魚、ねずみなど何でも食べます。昆虫なども食べますし、自分より小さい生き物以外にも、自分より大きい生き物も食べることがあるということがあります。

鷲、鷹などのように動きが俊敏な動物が天敵といわれていますが、天敵となる動物があまりいないために厄介ですし、

何でも食べるために、人間のテリトリーにも入ってくることはありえます。

そのため、イタチを畑や家庭菜園などでを見かけた際は、ちゃんとした対処や駆除の方法を知っておいたほうが良いです。

イタチの人への危険性と対処・駆除の方法

イタチの人間への危険性のひとつとして、イタチが媒体している狂犬病です。

噛まれて感染した場合は致死率がほぼ100%ということがあげられます。

そのため、人への悪影響が懸念されるため、イタチには近づかないほうがいいです。

また、畑や家庭菜園などを荒らされて迷惑をかける可能性もあるために駆除・対処が必要でしょう。

では、どうやって対処・駆除すればいいのかというと、超音波を活用したアイテムを設置することによってイタチはその音に反応して逃げていくために、畑などへの進入を防ぐ事ができます。

なので、そのようなものが設置できるとよいでしょう。

 

みんなが使っているイタチ駆除アイテム

 

 

 

 

おすすめの記事