iisjah / Pixabay
Pocket

イノシシは日本のほぼ全域に生息しています。

夜行性の動物と思われがちですが、実は人を警戒する必要がない場所で日中も活動していているので、それは、人間がいる時間帯を避けるためといわれています。

また、イノシシを品種改良した動物でブタが子供たちの間でもとても人気となっていますね。

まさか、イノシシとブタが関係あるとは知らなかった人も多いのではないでしょうか?

実はブタはイノシシが家畜化された動物なのですが、四文字熟語の「猪突猛進」、「猪肉」、「干支のイノシシ」があるように、私たちにとってはとても身近な動物といえます。

しかし、その反面に人間にとってあまりよくない危険性のある動物といえます。人の農作物や畑に被害を与えるために、人間にとってとても悪い影響をあたえてしまう害獣として有名になっています。

また、イノシシは集団行動を取ることもあるために、集団のイノシシにあうとなるととても危険です。

イノシシによる被害は秋がとても多いというそうです。

イノシシは草食に偏った雑食性の動物ですが、神経質で、警戒心がとても強いために、不意に近づいてしまうと突然襲われてしまうことにもなりかねません。

ですので、イノシシと遭遇した際は注意が必要になります。

繁殖力がとても強いですから、人間の害獣ということを考えると生態系のバランスにとってあまり良くない生き物です。

また、噛まれると狂犬病を発症する可能性も高く、ほかにも破傷風、パスツレラ症になる可能性もあります。

 

イノシシと遭遇した場合どのようにすればいいのか?対処・駆除の仕方

イノシシは遭遇したらとても危険な動物で、もし遭遇してしまってはとても危険といえます。

ポイントとしては、山登りなどで遭遇した場合は鈴などをならして、こちらの存在を教えてあげれば、それに気づいてイノシシは去っていく可能性もあります。

重要なことはなるべく刺激をあたえたり「威嚇」しないことです。

そして、ゆっくりと落ち着いてその場を離れることが大切です。

あわてて逃げたり、すると、イノシシは神経質なので突進してくることも考えられますし、集団だとさらに危険です。

背中を見せたら攻撃される可能性も高まるので、後ろは振り向かず、前を向いたまま、ゆっくりと後ろに下がりながら逃げることが大切です。

また、イノシシの視覚に隠れたり、イノシシが簡単には来れない場所、建物などに隠れるなどもとても有効な手段といえます。

しかし、畑や家庭菜園を荒らすイノシシも含めての対処・駆除を考えると超音波が有効といえます。

 

みんなが使っているイノシシ駆除アイテム

 

 

 

 

おすすめの記事