ekamelev / Pixabay
Pocket

バッタは子供に人気の虫の一つで、よく捕まえようとして虫取り網を振り回した方も多いのではないでしょうか?

バッタぐらいなら手で捕まえられますよね!

私もバッタは手でよく捕まえて喜んでましたね。

しかし、オンブバッタは違って、二匹一気に捕らえられるのでとてもお得だったので、すごい喜んでいた幼いころの思い出があります。

ですが、オンブバッタに家庭菜園や畑を荒らされた光景を見るとイライラしてきて、駆除しないとと思いました。

そのようなおじ悩みを持つ方に向けて、オンブバッタの駆除・対策について紹介していきます。

オンブバッタの生態と特徴とは?

東アジアに多く生息していて、日本全域にこのオンブバッタは出現しています。

草原あたりの日差しの良い場所を好み、葉っぱが広めの植物を食べます。

そのために、葉っぱの広い植物を育てている方は、オンブバッタの害には注意が必要です。

庭や花壇や家庭菜園をしているところでも見かけることがあるために、油断はできません。

バッタの体調はオスが25mmでメスは42mmぐらいなので、メスが大きく、少し小さめの昆虫です。

小さいですが、バッタは飛んで逃げるために、とても厄介なために、手で取るのは意外と難しいと思われがちですが、

オンブバッタはあまり活発に行動することはないためにかなり鈍い生き物です。

意外と飛ぶことは飛びますが、逃げることもなく、すばしっこくもないので、結構簡単に捕まえられます。

夜ならさらに捕まえるのも結構簡単なのです。

 

オンブバッタの食べ物と危険性

オンブバッタの被害はとても多く害虫なのです。

それはなぜかといいますと、オンブバッタの食性にあります。

気をつけたいのは、草食性のために、ほとんどどのような葉っぱでもつぼみでも食べてしまい。

畑や家庭菜園を荒らしてしまうということです。

キクやホウセンカなどさまざまな草花を食べるので、よく出現します。

まだふ化したての幼虫はそれほど草花を荒らすようなことはないが、大きめの成虫になってくると、その被害はひどくなっていきます。

オンブバッタは基本的におとなしく、触っても何も害がない虫です。

とてもかわいらしく、子供たちにも人気の虫であるバッタの仲間であり、綺麗な虫ですが、やはり、そこで問題となってくるのは、残念ながら、人が育てた植物を荒らしてしまうということです。

なので、オンブバッタは害虫といわれているわけですね。

オンブバッタの駆除・対策

オンブバッタは、基本的に普通のバッタと同じで必ずしも害があるとは限りません。

しかし、畑や家庭菜園を荒らすことがあるのが問題なわけですね!

ただ、庭でぴょんぴょんはねてるのをみると少しほほえましいですが、それが大量発生して集団で畑や家庭菜園を荒らすことになると、対処に困り駆除せざる終えない状況といえるでしょう。

なので、オンブバッタは見つけたら捕まえて駆除して対処したほうがいいといえます。

オンブバッタは、葉の上のあたりで、ずっと座っていることも多いために、まるでカメレオンのように同化しているように見えますが、よく見れば見つけられるので、発見し次第に駆除すべきです。

また、ほかの発見の仕方として、周りをぴょんぴょんはねている事があるためにすぐに見つけられますし、のろまで足が遅いために素手で捕獲することが可能です。

オンブバッタの駆除方法はバッタ専用の殺虫剤を使うと効果的です。

みんなが使っているオンブバッタ駆除アイテム

 

 

 

おすすめの記事