Maslov_Slava / Pixabay
Pocket

飼っていた猫が、遊び半分でソファーをひっかいて、ソファーがボロボロになったことがある飼い主さんも多いのではないでしょうか?

特に、まだ買ったばかりの家や引っ越したばかりのマンションで新品のソファーを猫に引っかかれてしまうとなんともいえない気分になりますよね。

はじめは相当ショックを受けることもありますが、なれると猫だから仕方ないと思えるかもしれません。

しかし、なんどもやられてはとてもじゃないですが迷惑なわけですね!

なので、飼い猫のペットにソファーを引っ掻か癖を直すしつけの仕方、対処法についてまとめました。

ペットの猫がソファーを引っ掻く理由とは?爪を研ぐため?

飼い猫はなぜソファーで爪を研ぐのでしょうか?

それは、爪を研ぐことは飼い猫にとってとても重要な本能的な行動であり、それにはいくつかの理由があります。

まず、古い爪を取り除くことや自分のにおいをつけることによって飼い猫が自分のテリトリーであるのを示すことにあります。

また、爪をとがらせて鋭い状態を維持するのも猫にとって重要なことです。

そのため、猫がソファーを引っ掻くのは爪を研ぐためといえますね!

なので、ソファーで爪を研ぐことが猫としての本能的部分にあたるのもそうですが、ソファーが爪を研ぎやすいものであることと、猫のテリトリーを示しやすいこともあげられます。

猫にとって爪を研ぐことはとても重要なことなのです。

飼い猫がソファーを引っ掻いてしまうときのしつけと対処法

重要なのは必ず飼い猫のために爪とぎを設置することです。

ひとつでも置けば多少は猫が爪とぎする回数が減りますが、それでもソファーを引っ掻くことはあるでしょう。

なので、せめて、麻のロープの爪とぎをであったり、ダンボールタイプの爪とぎを設置してみて、猫の好みを確認してみるのもアリでしょう。

また、2ヶ所以上に設置することもソファーを傷つけられないために大切なことです。

ダンボールタイプはリーズナブルの値段なのでソファーの近くなどにも置いておくといいでしょう。

そして、飼い猫にここで爪とぎをするということを爪を研ぐしぐさを真似て教えてあげることも有効です。

ソファーで爪を研ごうとしたときには、場所を誘導する感じで爪とぎの場所を教えてあげるしつけも必要です。

そのようなことを繰り返していけば、飼い猫は覚えてくれますし、ソファーでは爪を研がなくなって、きちんと爪とぎで研ぐようになります。

なので、そのようなことを意識していけばソファーで猫は爪を研がなくなるので試してみてください。

 

みんなが使っている猫の爪とぎアイテム

 

 

 

 

おすすめの記事