hashan / Pixabay
Pocket

近年、野生のシカの増加による被害が急増しています。

シカといえばとても親しみやすい動物をイメージしますが、実際は農作物や畑や家庭菜園などを荒らすなどとても厄介な動物なのです。

そのため、最近では鹿はとても迷惑な動物となりつつあります。

では、どのようにシカとかかわっていけばいいのでしょうか?そのあたりについて書いていきます。

 

シカの生態と特徴とは?

 

シカは森や草原に主に生息しています。

鹿は森林を荒らすこともあるために、とても迷惑な動物と最近では考えられているのです。

また、集団で群れを形成することもあります。

鹿は草食動物なので、人を襲ったり食べたりすることはなく、危険な動物とはいえませんが、体が人より大きいために気をつけたほうがいいでしょう。

鹿は人が現れたら逃げると思いますが、シカは窮地に追い込まれたら、襲い掛かってくることもありえます。

突然、人の前に現れてびっくりするときもあります。

また、繁殖期がおとづれると気性が荒くなっているために、その点も注意が必要です。

畑や家庭菜園も荒らすことがあるために、駆除・対処が必要となる動物でしょう。

 

シカの食べ物と危険性とは?

シカは草食動物なので、基本的に肉食はしません。

なので、シカに食べられる心配はないといっていいでしょう。

基本的に、木の葉であったり木の実など数え切れない種類の植物を食べます。

植物はほとんど食べるといっていいでしょう。

しかし、肉食ではないので、その辺は心配しないでくださいね!

ただし、畑や家庭菜園、森林を荒らしたりすることがあるので、要注意です。

被害にあいやすい農作物は、稲、麦、大豆、トウモロコシ、シイタケなどなので特に気をつけてください。

では、シカの危険性はなんなのかについてですが、

シカは人となじみ深い動物ではありますが、野生動物であるので、やはり何かきっかけがあって襲ってくることはあります。

特に発情期で興奮していたり、子供のシカをまもろうとしたり、人に驚いてびっくりしたりなどさまざざまなケースで危険性があるといえます。

奈良の鹿でも人と慣れているとはいえ観光客が怪我をする場合があるので気をつけたほうがいいです。

ペットの犬や猫にでも噛まれたりすることもある人はいますからね。

なので、刺激を与えないことが大切です。

大型な動物なのでとても危険なことは心得ておきましょう。

そのために、野生の鹿と遭遇した場合に追い払うための駆除・対処の仕方も知っておきましょう。

シカの駆除・対策

 

シカは、基本的には人間に害を与えるような動物ではありません。

しかし、畑や家庭菜園であったり、森林を荒らしたりするために迷惑をかける危険性がありますし、

見つけて驚かせてしまっても襲ってくる可能性も予想されます。

なので、そのための駆除・対策が必要です。

みんなが使っているシカ対策アイテム
 

おすすめの記事