12019 / Pixabay
Pocket

夏になると海水浴で遊びたいと思うお子さんが多いのではないでしょうか?

しかし、子供は好奇心で海の深いところに行きたがって、

運悪く溺れてしまうことも少なくないでしょう。

それでは見ていきましょう!

お子さん連れの親が海水浴で困ること

海水浴で困ることといえば、やはり、

海は遠くに行くにつれて深くなって行くので、

子供が遠くに泳いで行ったら戻れなくなる危険性があるということです。

その辺は、親がしっかりとしつけておくべきですが、

何と言っても、子供の好奇心とても強く、

海の遠くまで行ってしまう可能性もあるからです。

ではどのようにすればいいでしょうか?

まとめて見ました。

 

子供が海で溺れないために。何をしたらいいのか?

子供が海で溺れそうにならないためには、やはり、

子供一人で海で遊ばせないことです!

子供一人で遠くに行かせてはすごく危険ですので注意が必要です。

親がしっかりと見張っていることが大切です。

もう一つは、ライフセーバーの監視の目から離れすぎないことです。

子供の安全は、ライフセーバーにも守られて言ってるといいです。

溺れてしまっては時間との戦いになりますので、

まずは、溺れにくい浅いところで遊ばせることが大切です。

それだとあまり楽しめないと思う方もいるかもしれませんが、

子供のうちは浅いところ、足の届く範囲よりもっと浅いところで遊ばせたほうがいいです。

親が浮輪をロープなどで引っ張って支えている場合は、

ある程度安全性は確保できるので、それが可能であれば、

それで多少深いところに行ってみるのもありかもしれませんが、

基本的には浅いところで遊ばせることが無難ですし、

子供の安全のためにもそのようにしたほうがいいです。

 

 

子供が何人もいて目が話せない場合の時などはどうしたらいいか?

このように数人幼い子供がいる場合は、

基本的には砂場で遊ばせたほうがいいです。

しかし、それでも海で遊ばせて自然と触れ合わせたいと考えているのであれば、

海で溺れにく、または遠くに行ってしまわないようにするための補助付きの浮き輪を使うといいでしょう。

これは、ライフジャケットタイプのために、子供が泳ぐのに適しています。

普通の浮き輪ですと泳ぎづらいですし、流されてしまう可能性もあります。

または、浮き輪についているロープを引っ張って、子供が遠くへ行ってしまわないように、補助してあげましょう。

そのようにしてあげることで、子供が溺れたり、海の遠くへ行ってしまうことを防ぐことができます。

ライフジャケットで溺れないよう対策をする!

 

 

 

おすすめの記事