MemoryCatcher / Pixabay
Pocket

出典:wikipedia

ブヨ(ブユ・ブト)は血を吸う虫として良く知られていますが!毒性はあるのか気になるところですね!

また、ほかにもウイルス・伝染病が移される危険性はあるのかどうかも知っておくべきですし、群れをなして行動するのか?

そして、刺されたら痛みをどれぐらい感じるのかなど気になることは多いでしょう。

ブヨという普段あまり見慣れない虫の生態や特徴、刺されてしまったときの注意点、または駆除・対処方法について詳しく見ていきましょう。

 

ブヨ(ブユ・ブト)の生息地と特徴とは?

ブヨ(ブユ・ブト)が主に見られるのは北は北海道から南は沖縄まで全国で見られます。

場所は綺麗な水が流れるあたりで見られて、3月の春の初めから、10月の秋ごろまで見ることができます。

基本的に綺麗な水が流れる場所に生息しているために汚い水が流れる場所には生息していないといえます。

注意したほうがいい場所は、キャンプ場であったり、ゴルフ場や山のリゾート地などは特に注意が必要です。

ブヨの体調は4mmほどと小さく、見た目はハエに似ていますが、ハエよりも若干小さい見た目です。

そのためか、蚊のように身体に止まってもなかなか気づかない場合もあります。

また、群れを成して行動することが多く、メスは人間の血を吸うことがあります。

血を吸う時に、麻酔の含まれた毒を同時に入れるために刺されたことに気づきにくいです。

朝や夕方などの涼しい時間帯に活動することが多く、気温が高い時間帯は静かにしています。

また、曇りの日や湿度の高いときなどさまざまな条件によって活動する可能性もあるために、

天候によって気温が変化した場合も左右されるだけではないので、その点も警戒が必要です。

ブヨ(ブユ・ブト)に刺される危険性、駆除・対処の仕方とは?

ブヨ(ブユ・ブト)に刺される赤く腫れてかひどく痒みが出てきます。

場合によっては熱が出ることもあるので、すぐに病院にいって診断してもらいましょう!

症状によってはかゆみが1週間~3週間以上続くこともあります。

ブヨ(ブユ・ブト)には普通の殺虫剤や虫除けスプレーではあまり効きません!

そのために、ブヨに遭遇したときの対策として、夏などは特に、半そで半ズボンは避けましょう、

長袖長ズボンなどで防御を徹底しましょう。

特に山などは刺されてしまう可能性こともありえるので対策が必要です。

ブヨに通常の虫除けスプレーも効かないとなればどうすればいいのかというと、

ブヨに効くスプレーを使うことです。

ブヨに効く虫除けスプレーと駆除スプレーの両方を使うのがベストです。

それが一番ベストな対策方法となります。

なので、ブヨが現れたら、それを使って駆除するといいでしょう。

ブヨに効く虫除けスプレーがあればよってこないかもしれませんが、駆除もしておくとなおさらよいです。

みんなが使っているブヨ対策アイテム
 

 

おすすめの記事