skeeze / Pixabay
Pocket

世界にはさまざまな種類の蚊がいますが、

その中でも、マラリア、日本脳炎、デング熱などを媒体するカがいます。

今回は、日本脳炎を媒体するコガタアカイエカ(小型赤家蚊)の危険性と対処・駆除の仕方について紹介していきたいと思います。

コガタアカイエカの特徴と生態

イエカでは小型の部類に入り、体調は4.5mmと小さめです。

夜の日が沈むぐらいの時間帯に活動的に動き始める夜行性の蚊です。

水田や用水路など、水の付近を好んで住んでいます。

また、明かりに引き寄せられる傾向があり、血を吸う場合も、人間の血も吸いますが、牛や豚や馬のような家畜であったり、鳥などの動物から多く血を吸う習性があります。

また、コガタアカイエカ(小型赤家蚊)は日本脳炎を媒体しているため、すぐに駆除・対処しないととても危険なのです。

日本全土に生息していて、特に本州以南に多く住み着いています。

日本脳炎のウイルスを媒体していることでテレビのニュースなどでも有名ですね!

コガタアカイエカ(小型赤家蚊)の習性と危険性とは?

コガタアカイエカ(小型赤家蚊)の媒体しているのは日本脳炎のウイルスでブタの血液の中で繁殖します。

ブタは病気にならないが、このウイルスが人に刺さると、老人や子供などといった抵抗力の弱い人を中心として、発病割合が高くなります。

以前は日本全土で数千人規模の患者が出ていたこともあり、致死率役30%ほどありましたが、1970年ごろから患者の発生率がかなり減ってきました。

その致死率の減少の理由として、ワクチンが普及したこと、コガタアカイエカ(小型赤家蚊)が減少してきたなどの理由が挙げら

れます。

コガタアカイエカ(小型赤家蚊)が減少したも、水田面積が減ったこと、農業の構造が改善されることによって水の管理の仕方が変わったこと、そして気象が変わったり、使用する農薬が変化するなどさまざまな変化があげられます。

ワクチンの接種でリスクを75%~95%減らすことが可能ですが、それでも注意することが大切です。

また。ブタがいない地域では日本脳炎は心配する必要はないですが、まだまだ、消滅したわけではないのでその点も注意が必要です。

そのため、コガタアカイエカ(小型赤家蚊)を見つけたら危険なので駆除・対処が大切です。

コガタアカイエカ(小型赤家蚊)の危険性と駆除・対象方法とは?

 

 

コガタアカイエカ(小型赤家蚊)は、人や動物などに近って素早い人に中か見えない動きで身体乗り移ります。

このことどの蚊にもいえるかもしれません。

しかし、ほかの蚊と間違ってからでは危険ですので、蚊を見つけたら駆除することが大切です。

コガタアカイエカ(小型赤家蚊)は病原体を持っているために、蚊取り線香などを使って近寄る前に死滅させるか、

コガタアカイエカ(小型赤家蚊)を見つけたら必ず即座に駆除・対処することが必要です。

みんなが使っているコガタアカイエカ(小型赤家蚊)駆除アイテム
 

 

 

おすすめの記事