腹式呼吸で喉声を直して歌が上手くなる?横隔膜を鍛えて正しい呼吸を身に着けよう!

Pocket

人の生活に欠かせないのが呼吸ですね!

あなたの呼吸は腹式呼吸ですか?それとも胸式呼吸でしょうか?

胸式呼吸か腹式呼吸かによって歌の上達度合いが変わってしまうので、腹式呼吸を身につけられるといいと思います。

腹式呼吸を身につけることで、喉に力が入らないようにして、きちんと発声することでいろいろと歌が上手くなる利点があります。

では、腹式呼吸を身につけるにはどうしたらいいのか、順を追って解説していきます。

歌を上達するために腹式呼吸をどのように身に着けるか?

これは、マインドの話になりますが、腹式呼吸を身につけるためには毎日欠かさず練習することがとても重要になります。

しかし、練習といってもなかなか続かず三日坊主になったりすることもあるでしょう。

今回紹介する練習はとても簡単に誰でもできる方法なので、ぜひチャレンジしてみてください。

歌を歌うときは腹式呼吸を使ったほうがとても上手くなりますので、毎日練習してみることが大切になります。

腹式呼吸のデメリットとメリットとは?

胸式呼吸のデメリットは、喉が詰まるような感じがあり、体全体を使わず、喉だけ疲れてしまうような感じのため喉によくないです。

また、すぐに喉が疲れるために、喉を痛めてしまう可能性があります。

短い時間で喉を痛める場合は腹式呼吸ができてないことが多く、特に首や喉を痛めてしまうのは無理な発生の仕方をしているからです。

そして、胸式呼吸だと喉の生態に力が入りすぎるために高い声が出ずらいです。

腹式呼吸はこれらのデメリットを解消してくれるメリットがあります。

まず、胸式呼吸のように喉にあまり力みがないために楽に発声することが可能で、長い時間歌っても、喉が疲れません。

喉だけでなく全身を使っているため、体全体が疲れるのですね。

そしてなにより、高温が自然と出せることもメリットです。

高い声を出したい人は腹式呼吸をまず練習しましょう。

ほかにも、いろいろと余裕ができるために、表現力などいろいろな面に力を入れることができます。

腹式呼吸をするにはどうすればいいか?

腹式呼吸をするには、まずは肩の力を抜いて姿勢を正しましょう。

そして横隔膜が動かせるように、みぞうちを意識しながら、7秒間吸って吐くを20回繰り返すことです。

それで横隔膜を鍛えることができて、腹式呼吸を慣れさせることが可能です。

吸う時に上腹のみぞうちあたりが膨らみ、吐くときはみぞうちが張るような感じで、みぞうちが引っ込まないようにしましょう。

そうすることによって横隔膜が動いて腹式呼吸が可能です。

また、寝ながら呼吸しても腹式呼吸はできます。

仰向けになって、息を吸ったときにおなかが膨らみ、吐いたときにおなかが引っ込みます。

それだけでできます。

どちらの方法でも、自分のやりやすい方法でやってみるといいでしょう。

みんなが使っている腹式呼吸トレーニングアイテム
 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ